膣カンジタの原因に!エッチのNG行動「 唾液ローション 」とは?

唾液ローションで膣カンジタ 性病
唾液ローションで膣カンジタ

今回は、私がSNSで目にした言葉「 唾液ローション 」というエッチのプレイについて語っていきます。

 

どうも♪苗ちょんといいます。美容・医療ライターです。

 

さて、子供のころ「スリ傷なんて、ツバを付けときゃ治るよ!」
なんて会話をしたことはないですか?

唾液ローション

実は、それ、医学的に正しくって、人の唾液には、菌が体内に侵入することを防いだり、「傷ついた細胞を再生する」物質が含まれているそうです。

 

でも重要なのは「自分の唾液」であること! 他人のツバは、ウィルスに感染する可能性があるんです。

 

たとえ、しっかりと歯磨きをしている人の唾液でもNG!喉の奥までウイルスが潜んでいるそうです。自分の唾液に含まれるウイルスは、すでに自分の体内に免疫が作られているので大丈夫ですが、他人の唾液は絶対にNGです。(大切なことなので2回言いました)

 

コンドームをしているのに…

女性の場合
・デリケートゾーンに、ニキビ(吹き出物)ができたことがある
・白濁した「おりもの」が下着に付く

男性の場合
・デリケートゾーンに強いかゆみや痛みがある人
・尿道から膿が出たことがある人

 

それらは、もしかしたら…、お口でやる「オーラルプレイ」によって、お相手の「唾液」から感染したものかもしれません。

 

唾液の中にはウイルスだけでなく、「カンジタ菌」「黄色ブドウ球菌」など、性病を引き起こす雑菌もたくさん含まれています。

 

しかも!!「性器」は、腕や脚の「42倍」も菌やウイルスを吸収してしまうんです。

唾液ローション

 

と、ここまで語ってきましたが、ここからが本題です。

 

今回の記事は「フェラ・クンニなどのオーラルプレイをしないで!」とお伝えしたかったわけじゃありません。

先日、こんな言葉を、ネット記事で目にしました。

“唾液ローション”

なんのことか調べてみると、ラブローションの代わりに唾液を使って滑りを良くするというものでした。

唾液ローション

ハッキリ断言できます。唾液ローションは絶対ダメ!

性の局部や、女性の「入口部分」などの洗いやすい部分に、多少の唾液が付いても簡単に洗い流せますが、女性の膣内に(男性の尿道内)侵入した唾液(雑菌やウイルス)は、なかなか洗い流せません。

2〜3日後には、侵入した唾液の菌が増殖して、膣カンジタ・膀胱炎・尿道炎を引き起こしてしまいます!!

 

もしも滑りを良くしたいのなら

女性用のラブローション「潤滑ゼリー」を使いましょう。

 

芸人さんがテレビやYouTubeでやっている「ローション相撲」に使用している、ペペローションなどの「いわゆるラブローション」には、唾液と同じく、膣内に侵入すると婦人病や炎症の原因になる「ポリアクリル酸ナトリウム」という危険物質が使用されています。

だから、ドン・キホーテに売っているペペローションなどのラブローションをつかっての挿入は、唾液ローション以上に、絶対にやらないでくださいね!!

 

ローションの危険性について必読です  >>過去の記事へ<<

 

男性は女性のために。女性は自分のカラダを守るために。夜のコミュニケーションの際には「潤滑ゼリー」を使うようにしてください!

唾液ローションも、ラブローションも絶対に止めましょうね。ココを読んだあなたと私との約束です。

 

 

\最安値594円の潤滑ゼリー/

唾液ローション

 

 

 

こちらとっても参考になります♪(音が出ます)

タイトルとURLをコピーしました